SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

栗の実 栃の実 山椒の実
0
    地元の山から栃の実を採って栃餅を作っているやまんばさんに、栃のアク抜きを教わりたいと思いながらなかなか叶わなかったここ数年。今年やっと栃を拾うことができました!

    なんともうかつな話で、家からすぐ近く、しょっちゅう薪を採りに行っている場所に立派な栃の樹が立っていた。他の木が茂っていて葉が見えなかったこともあるけれど、木肌で樹種を判別できていないことかくの如し、まだまだやまのことを知らなすぎる。
    栃だ! と気づいときはすでに遅かったようで、実は殻を残してなくなっているものがほとんどだった。鹿が食べ虫が喰い、収穫といえるものはほとんど無かった。

    栃は一本しか見あたらないけれど(いまのところ)、栗の樹はたくさんある。現に薪にしているのは枯れて倒れた栗の樹がほとんどだ。栃の実の殻が落ちている周辺には沢山の栗の実が落ちていて、こちらは中身がちゃんとあった。栗は栃よりも少し実りが遅いようだ。


    栃の葉っぱと、小粒の実と殻。


    傾斜のきつい山々では、距離は近くても実りの時期にむらがある。標高によって気温はかなり違うし、日の当たり具合も大差があるからだ。別の場所の栃の実はまだ遅くないかも知れない。自宅付近は来年以降の楽しみとして、今年の収穫をまだあきらめたわけではない。


    通っている整体道場で知り合った青年が遊びに来た。かれの容貌と雰囲気からおれが受ける印象は、ブレーズ・サンドラールの青年時代といったところ。サンドラル法師(ぼうし)とあだ名する。
    サンドラル法師は山暮らしに関心を持ってくれたようで、今回一泊滞在していく。重い薪を運び出すのを手伝ってくれ、一緒に栗と山椒の実を採り、祭りに向けてちょうど始まった獅子舞の練習にも参加した。翌日、運んできた薪を鋸で切り斧で割ることも体験する。なかなか筋がいい。

    さて、栃の話である。
    前々から大きな栃の樹があると見当をつけている場所へ、サンドラル法師もつれて出かけていく。我が家のある山の裏側に谷になっている場所に、大きな栃の樹があることを数年前に歩いていたとき見つけたのだ。尾根越えをして歩いていくとずいぶん時間がかかってしまうので、今回は車を使って山をぐるっと周って行く。

    谷の北西、つまり南東を向いている斜面を歩いていく。思っていたよりも沢山の栃の樹があったが、うちの近くのものよりも黄葉がすすみ、落ちているのは殻ばかり。うちより大きな殻が目立ったのは、日当たりの違いだろうか。
    太いもの細いもの、栃の木が続く谷間をさらに登り進んで行くと、まだ葉が青い大きな栃の樹があった! 中身の詰まった実も沢山落ちている。やった! 栃の実拾いがやっと実現した。 

    いろいろな木の枯れ葉に実が落ちている。殻だけのものも多いけれど、中身が入っている殻の外側は鮮やかな黄土色で、一両日ちゅうに落ちたもののようだ。鹿の足跡が多いことからも、採りごろの時期は数日から一週間前だったかと予測する。今回はぎりぎり収穫に間に合ったというところか。
    標高が低く暖かいところよりも、上に登った気温の低いところのほうが実りがおそく、落ちるのもおそいようだ。

    サンドラル法師が一本の木の枝で枯葉を分けている。真似しておれも枝を使う。手を使うと一度に大量の枯葉を動かしてしまい、混じっている栃の実を見落としてしまうが、細い枝で書き分けると葉っぱの隙間から丸い実が顔を出す。これはいいやり方だ。薪割り斧の振り方も短時間で上手になっていたし、サンドラル法師は山に暮らす本能が発達しているのかもしれない・・・?


    栃の実。


    山椒採り。


    山椒の実。


    栃の実拾いを終えて夕方、地元の手打ちうどんのお店で天ぷらうどん・カレーうどんを食べた。天ぷらはおかみさんが今朝採ってきた地のもの。
    このお店でもやまんばさんの栃餅を置いているけれど、いつもすぐ売切れてしまい手に出来ないことが多い。この日も売り切れだった。
    しかしサンドラル法師が来た日おれはやまんばさんのお店で買い物をし、そのとき栃餅を貰っていた。店に入るなりにこにこ笑って「ちょうど残っていて自分が食べようかと思っていた」と言いながらやまんばさんは二個の栃餅を持たせてくれた。我が家でお茶を飲みながら半分個の栃餅を食すサンドラル法師、かれに山の幸は味方したようだ。

    うどんを完食して店を辞し、小雨の振り出すなかを、かれは峠を越えて帰っていった。


    栃の実はまず水に漬けて、虫が喰っているものを選別する。
    その後あく抜き作業をやまんばさんに教わっていきたいと思う。今回たくさんの量が採れたわけではないけれど、練習用としてはちょうどいいかもしれない。
    また記事に書いていきたいと思う。


    ※ブレーズ・サンドラール Blaise Cendrars はフランスの詩人。若い頃に旅に出て以来世界中を放浪する。
    アフリカの呪い師たちとともに過ごした時間から生み出された詩を原作に「影ぼっこ」という絵本がある(原題SHADOW サンドラールの詩の題はLa Feticheuse(魔法使い))。おれのお気に入りの絵本のひとつ。ぽるぷ出版から発行されています。
    | 山菜・野草採り | 10:22 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    あかそとひれはり草の味噌ジャガ炒め
    0
      なかなか記事に書いていないけれど、日常に野草を食べている。今年春から食べたのは、杓(しゃく)、桑の葉、あかそ、みやまいらくさ(みやま刺草)、ひれはり草、たんぽぽ、蓬(よもぎ)、山椒、露草(つゆくさ)、姫女菀(ひめじおん・ヒメジョオン)、背高泡立草(せいたかあわだちそう)、猪子槌(いのこづち)、などなど。

      杓(しゃく)のように直接調理できるものも多いけど、アクが濃いものは最初に沸騰しているお湯でさっと煮るものもある。いらくさの棘(とげ)は刺されるとしばらくの間しびれるもので素手ではつかめないけれど、お湯に通すことで毒が抜けきり、美味しく食べられる。

      最近食べたあかそとひれはり草を入れたジャガイモの味噌炒めの料理を紹介する。


      水で洗ったあかそ。


      ひれはり草


      沸騰したお湯に入れて、1分か2分くらい。


      水をきってから細かく切る。


      ジャガイモをにんにくとしばらく炒め、さらに水を足して煮る。火が通ってきた頃、あかそとひれはり草を入れる。ひれはり草は洗って切ってからアク抜きのために水で揉んだもの。


      味噌で味付け。


      ご飯の上に乗っけて食べるのが美味しい。
      味付けはお好みでみりんや料理酒、唐辛子や生姜なども合うかもしれません。

      ちなみに、あかそはその茎の繊維を使って布を作ることができる。やまから採った草木の繊維で作った服で生活するのが、おかマタギとおれの夢だ。

      野草は味も濃く、たましいも濃い。体のちからとなるパワーが強いので少量でも満足できる。そして鹿のように野生の肉との料理には良く合う。
      野草を頻繁に食べるようになってから、体の調子が少しずつ変わってきたようでもある。まだはっきりとはわからないけれど、食べる量や好み(体が欲する食べ物)、体重など。

      野生でないものを食べる割合がまだまだ多いけれど、さらに野生食を続けていってどのような体になっていくか、楽しみにしている。
      | 山菜・野草採り | 17:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      桑の実とり
      0
        山を歩いている時、たわわに成っている桑の実を見つけた。山桑ではなく養蚕用の桑である。数十年前まで養蚕が盛んだったこの地域では、段々畑に沢山の桑の木を見かけることがある。―――急傾斜の山坂に、それは見事といえる石積みの段々畑が結構あるのである。使われなくなった後も自然の木々が生えるほどの時間は経っていないようで、けもの道を歩いていると突然ぽっかりと日当たりのよい平ら場になっていたりする。
        今は養蚕の影もなく、桑たちは好きなだけ大きくなり、鬱蒼と伸ばした枝はとなりの木と絡みながら沢山の実をつけている。

        一本の木に成っている実だけでも相当な量がある。鈴成りのなかから一番熟して美味そうなのだけを選んで採っても、きりがない。
        陽がよく当たるところほど熟れて大粒になっているので、登っていって手を伸ばす。


        山を歩いているとき見つけるこんな恵み、喉を潤しちからをあたえてくれる最高のご馳走だ。

        その場で食べるのが一番なのはいうまでもないけれど、日々のおやつやジャムにもできるので家にも持ち帰る。



        山桑は畑の桑より少し遅い時期に実をつける。里の桑より小ぶりで、甘みが濃くてこれも美味い。
        そろそろ採り頃の時期である。
        | 山菜・野草採り | 22:26 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
        山のめぐみ
        0
          実のりの秋に遅れをとってしまっているが、天気のよい日を見計らって山林に入る。
          鹿と猪と熊の食べ跡が目立った。栗もあけびも完全に先を越されてしまった〜・・・。栗の木のもとにはきれいに中身を食べた殻が散らばり、幹には爪あとがびっしり。間隔がせまいのでまだ小さな若い熊だと思う。ずいぶん上の方までしっかり登っていて、さほど大きな木でもないのに熊棚が二つもできていた。
          あけびも、見つけたのは中身無しの皮だけ。残念。

          それにしても、食いがはげしい気がする。木の皮もいままで見たことがないくらい食われているし、草も食べ切った跡が目立つ(これは鹿)。
          何人もの地元の人の話で、今年は山の実のりが少ないらしく早くから熊や鹿が人家近くに出て来ていると聞いていたが、山の状態を見て、なるほど確かにとうなづける。雨が多くて日照時間が少なく、夏が暑くなかったものなぁ。
          ねずみが大量に人家にいることも、ひょっとすると関係あるのかな。

          ともかく秋の収穫は盛り沢山とはいかないかもしれない。
          たんぽぽやシャク、ひれはり草がふたたび葉を伸ばしている食欲の秋だけど、ひとつひとつ大事に食べるよう、心掛けよう。
          | 山菜・野草採り | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          タンポポスパゲッティー
          0
            バターニンニクに魚醤で味つけをしたタンポポスパ、おかマタギ作。
            たんぽぽのほろ苦さがバターに合って麺の美味しさをひき立てる絶品です。たんぽぽってうまいなぁ。
            | 山菜・野草採り | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ひれはり草
            0
              家の周囲に自生しているひれはり草は、大きくて濃緑の葉っぱが食欲をそそる。春先から生えているが今この真夏でも食べられる柔らかい葉が次々生えてくる。スープに入れたりお好み焼きの具にしたり、我が家の主要食材の一つである。


              昨夜のおかずは鹿肉・ひれはり草入りのスープ。


              採集と料理に関してはおかマタギが書ける記事が沢山あるのだが、なかなかアップできないので代理で投稿しました。
              | 山菜・野草採り | 07:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              木苺
              0
                いよいよ木苺の季節! 五月に晴天が少なかったり、いまいち暖かくなりきらないためか今年は遅いようだけど、美事に熟れて大きいつぶをたくさん見つける。
                崖のように急な坂にあるためか、けものに食べられている形跡はない。鳥や虫に食われたような物もほとんどない。葉っぱの裏にちいさな蜂の巣があったりしたけれど、害を与える気持ちがおれにはぜんぜんないから蜂も警戒心をいだくことなく、何事もなく採りつづける。

                採ったそのまま器にあけて、その日のうちに皆食べる。


                一週間後、再び採りに行き、また新しい場所を見つけ前以上にたくさん採って味わう。
                もっと採りためればジャムや果実酒が出来るかも。喜喜!
                | 山菜・野草採り | 18:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                カンゾウ(萱草)
                0
                  ここは、そこら中にカンゾウが生えている。花が咲いてみないとノカンゾウかヤブカンゾウかわからないが、おそらくヤブカンゾウと思う。春真っ先に生えてきていたが、ようやく食べごろの大きさになったので食べてみることに。カンゾウ(萱草)アクが無く生でも食べれるくらいでよくお浸しにされるが、今回はざく切りにしてお好み焼きに入れて食べてみた。カンゾウのお好み焼き食べてみると、油との相性もとても良く美味しい。ねぎ臭の無いニラのような風味。どんな料理にもできそう。葉が大きくカサがあって下ごしらえが簡単なのも魅力。敷地内や畑にたくさん生えているので、当分楽しめそう。うふふ。
                  | 山菜・野草採り | 17:39 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                  ハコベ(繁縷)
                  0
                    ハコベは、はびこるのでハコベなのだそうで。まさしく畑にはびこっていたので食べてみることに。ハコベ(繁縷)おひたしが美味しいと聞いていたので、そうしてみた。ハコベのおひたし食べてみると、まるでホウレンソウのような風味。油炒めやスープにしても美味しそう。ハコベは薬草でもあるそうで、すり潰して塩と合わせて煮れば「ハコベ塩」ができ、これは歯槽膿漏などにとても効果があるそうだ。作ってみたいけど、この春は無理かなぁ・・・
                    | 山菜・野草採り | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ハハコグサ(母子草)
                    0
                      不耕起栽培の畑に、野草がいろいろ生えてきた。その中でハハコグサを見つけた。明治以降、草餅にはヨモギが使われるようになったが、それ以前はハハコグサが使われていたのだそうだ。採って、草餅ならぬ草パンを作ってみることにする。ハハコグサ(母子草)干しブドウから作った天然酵母の元種でパン生地を作り、湯がいて細かく刻んだハハコグサを混ぜる。丸いプチパンの形にして、暖炉の上のフライパンに入れ、蓋をしてひっくりかえしながら焼いてみた。ハハコグサパンハハコグサの黄緑がきれい。焼きたてを食べてみると、パンの香りが強くてハハコグサの味や香りが今一つわからない。たくさん焼いたので、翌日また食べてみると、今度はハハコグサの爽やかな味と香りがよくわかる。なかなか繊細な風味だなぁ。
                      | 山菜・野草採り | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |