SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< Mitsuyoshi追悼コンサート  デジタルホーンのこだま | main | 牙 狼と二本足 >>
死して活きるいのち
0
     雨が降っている。
     水気の多い時期になった。夏の夕立のように土砂降りのときもあるけれど、全体としては安定した水の量だと感じる。昨日は陽光が眩しくて、ひさしぶりの薪作りに精を出した。
     木の実 草の実も色づいている。桑の実、木苺、蛇苺。豊富な水で色鮮やかに膨らんでいる。

     うちの傍にあるぐみの樹にも、赤くなった実がちらほら見える。あお(緑)くて硬い実が黄色くなり、やがて艶やかな紅を呈すさまは、日差しが吸い込まれて育っていく時間を視覚化している。


     そして、樹の下にはたくさんの硬い実が落ちている。あおいもの黄色いもの、熟すことなく樹から離れ、土に帰るを待つものたちだ。


     ふたたび樹についている実を見る。ひとつひとつの実が、大きく成るために、一生懸命枝に結んでいる息が感じられる。


     ひとつのたねがうまれ芽吹くまでに、いくつのみどりごが土に帰るのだろう。
     草木の種、虫・魚・爬虫類や鳥の卵。
     一説によると人の子も、宿ったことに気づかれぬうちに消えていくものがあまたあるという。

     消えていき土と帰り、次にうまれてくるもののためのしるべとなる。たとえわずかな時でも、この世にあって縁を結び、次のものたちへとつながっていく。
     関係ないんだ、長い短いは。

     いにしへのやまとことばで “死”を、“かむあがる”。
     神へと上がるいのちの一歩として祀る。
     生きているいのちひとつは無数の死するいのちのつながり、神たちとのつながりでここにある。
     この世界にあらわれるかたちはみんな、見えないいのちを背にもって、一時いっときを過ごしていく。

     天(あめ)から来る光に宿り、地(つち)に帰するまでの、それぞれの時間。
     天と地のあいだでうづまいている一つひとつの命たち、光が流れながらとどまっている。


     あめが、しずかに降っている。
    | いきもの | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/1121912
    トラックバック