SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 子狐の足跡 | main | 体のなかの野生 >>
反閇
0
    このブログで何度か反閇(へんばい)という言葉を使っている。
    反閇とは、独特の足捌きで地を踏みしめ、邪気を祓い地霊を鎮めるための動きだ。地味な歩法のものから、しし舞い(獅子舞い、鹿舞い)や鬼剣舞のような踊りに発展したものまでさまざまだが、魂を鎮める、という意味では、みな源流をたもっている。

    魂―――食べ物となった鹿や、死者、祖先の霊。
    自分がいまここに生きているためにちからを与えてくれたものへの、それは祈りだった。
    足を動かし土を踏みしめて、自分の体を大地に結ぶ。
    地球上どこにあってもひとびとはこうして大地と自分とのつながりを確認して来たのだと思う。
    ひとは、二本の足で立っている。この二本の足がいつも地につき、大地からちからをもらっている。

    * * * * * *

    タシナさんが語りはじめるとき、輪に座ったひとびとの中心で、東南西北よっつの方角に祈っていた。手のなかにもっていたものを置く。いままでたくさん大地を踏んできた鹿のひづめです、と言った。

    “ごらん、彼の角ぶり。まるで雷の如(よう)な角ぶり。ごらん、彼の高く上げた頭(くび)。まるでこの森(やま)の樹の如(よう)だ。オレたちが近ひと解っているのに、彼が動かなひ。彼の蹄(ひづめ)が深く大地に入っている。まるで彼の蹄(あし)から大地の乳を吸っている如(よう)。”
           (タシナ・ワンブリさん「約束」から)

    鹿も狼も大地を駆けてきた。
    アイヌもインディアンも足を踏み鳴らして踊る。
    弓の島のこの民族は、足を地に摺(す)るようにして歩を進め、舞いを伝えてきた。膝を曲げ腰を落とし、体の重さを大地にあずけ、体の使い方をより高度なものへと昇華していく。無駄な力を抜き、息を通し、しなやかで粘りづよく・・・

    病い(止まい)がたまると、体は咳をし、震え、熱を出し、
    動きながらくるいをなおす。
    病気は、硬くなった部分をほぐして柔軟さをとりもどす自発運動だ。
    生きているものは、自分で調べを整える。

    それは地球も同じだ。
    強い嵐、地の震え、熱の調整、からだを動かして病いをほぐし、なおしていく。
    よりよい生にむかって。


    からだを動かしながら大地を感じ、大地と同じ調べを奏で、より健やかにゆきたいと思う。



    ※関連記事

    高水山獅子舞見学   (2009.04.19)
    猟期前   (2007.10.25 )
    鹿舞い(ししまい)   (2006.09.26)
    食と体 (断食経験記)   (2009.12.16)
    山と躰   (2009.08.01)
    体が求めるもの   (2007.05.20)
    山を歩く   (2006.10.25 )
    | | 22:34 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    ご無沙汰しております。
    t260arimaです。

    こちら北海道もやっと春の恵みをいただける季節になり、昨日は竹の子(根曲がり竹)を今年初めて収穫できました。

    さて、今回の記事に付いている「絵」は、のまさんが描いたのでしょうか?

    人物の動きが自然で、とても良い絵だと思います。
    のまさんの生き方、暮らし方を象徴しているようです。
    | t260arima | 2010/05/16 7:59 PM |

    t260arimaさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

    今年はなかなか寒さのなくならない春ですが、さすがに暖かくなってきて、毎朝小鳥の声がにぎわい、家のまわりの野草も食べごろになってきました。
    自然のものたちはつねに季節(とき)のリズムを知っていて、焦ることなく遅れることなく、月日を過ごしています。
    様々なできごとに憂いたりこころ乱れたりしている自分をふりかえって、まだまだ野生のものたちから学ばぶことだらけだなぁ、と思う日々です。

    お察しのとおりこの記事の絵は、おれが描いたものです。たまに無性に絵を描きたくなって、そこらへんにある紙に落書きしたりしています。
    この絵の姿、じつは太極拳の動きなのです。太極拳の創始には反閇や道教の修行が下地になっているという伝説があって、おれはそれが真実なのだと感じています。
    拳法は戦いの技術からはじまりましたが、やがて武を超えて、自分を高める道へと発展したものがたくさんあります。正しい太極拳の姿勢・動きは、地球の力を借りて、宇宙を感じるためのもの。反閇や祈りの踊りと同じ根っこだと思っています。
    毎朝太極拳をしながら自分の体の芯を感じ、それが地球とつながってることを少しづつ体感できている気がします。

    体にも心にも、いままでに沢山の癖をつけてきました。癖によっては偏りや歪みとなってしまって、気持ちよく過ごせなかったり、荒々しく乱れること、ときには病気へとなってしまいます。
    もともとの素直な体と心をそのまま表せれば、もっと生命のちからを発揮できるはず。快く、すてきな姿で。
    頭で考えるだけではなかなか心まで響かせることができなくて、どうしても体を観ていくことが必要だと、いつからかずっと思ってきました。
    地球と太陽のちからで育ってきたこの体から学んで、健やかによりよくうごいていきたいです。

    おれは縁あって太極拳という中国の術に出逢いましたが、弓の島の文化も大好きです。それでこの絵では、陰陽道や傀儡師、鬼剣舞の衣装等を想像しながら和風のものを着せてみました。笠や手甲や草鞋、大好きなんです。
    気まぐれに描いたものですが、arimaさんに気に入っていただいて嬉しく思います。ありがとうございました。

    ※コメントへのお返事を書いていて、いろいろ関連を思い出しました。「関連記事」に四つ付け加えておきます。よろしかったらご覧ください。
    | 大口のま | 2010/05/17 7:54 AM |

    狩猟免許持ってやってますよね?
    | null | 2010/10/21 12:46 AM |

    狩猟免許持ってやってますよ。法に触れることはしていません。
    このブログで書きたいことは、人間の法より自然界の法ですけれど。
    | 大口のま | 2010/10/22 9:57 PM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/1202053
    トラックバック