SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 囲炉裏 工夫 | main | 唐松の柴 >>
物々交換
0
    新潟の漁港に少しょう顔の利く知り合いがいて、毎年秋が終わりに近づくと鮭を何匹も買ってくる。ここ数年うちも恩恵にあずかって、紅葉が枯れ落ちる時季になると鮭やいくらの味を思い出しながら期待を込めて待っている。
    罠猟を教わったり獣肉をもらったりしていつもお世話になっている熊つぁんに感謝を込めてお礼がしたいとなれば、こんな海の幸はぴったりに思う。お腹にいくらをたっぷりもった雌の鮭は、刺身にできるほど新鮮だ。ちょうど猟期が始まる頃にあたるので、鮭を渡しに行くとそのまま時計型ストーブを囲んで鹿刺し等ご馳走になり、けっきょくお礼になっているのやらいないのやら、今年の山のけものたちの様子を聞いたり、一晩に一升瓶を三本空けた若き熊つぁんの無謀ぶりや、熊の胆・脂の効用のことなどなどを肴に時を過ごす。

    帰りに、今日獲った鹿肉くれるよ(あげるよ)、と一袋持たせてくれた。グループでの鉄砲撃ちもやる熊つぁんの、どうも今日一日の取り分らしい。恐縮してしまう。

    そんなわけで鮭いくら鹿肉と、野生の蛋白質に豊富な食生活となる。厳しい冬をこれで乗り切るのだっ(!?)


    新潟港まで車を駆ってくれる知り合いには、鹿肉を手に入れたら連絡して、できるだけ新鮮なうちに貰ってもらうことになっている。山や海を行き来する物々交換の行路、縄文時代、さらにもっと前の石器時代、あの氷河季の野生時代からも続いている「与えて喜ぶ」精神は、根強く不滅だ。

    いくらは産卵直前で、すでに筋子の状態ではなく、腹を裂いたらこぼれ出てきた。生まれる準備ができていたせいか一粒一粒の皮がとても硬く、噛み食べるのが滑ってたいへんではあったが、口の中でぱつんぱつん弾ける、たくあんを食べているときのような音とともにひろがる味は濃厚で、かくべつ美味かった。

    火を囲んで過ごす夜はとてもいい。なんとも言えず、とてもいい。



    平原の民(インディアン)、アイヌ、ロム(ジプシー・自然の王)、地球上のひとびとはみなこうやって火を囲んで一日を終えていた。
    薪を切り、木を燃やさなければ冬を過ごせないことを、野生のけものと違って寒さに耐える強さが無い弱い生きものだと考えていたおれに、「火をともすのは強さ弱さのことでは無い、あるがままのあたたかさだけです。当たり前のあたたかさです。」とタシナさんは言った。
    いのちをもらって生きること、それは、食べることだけでなく、自分がここにいることそのままがいただいていることだ。そしてその自分も、だれかにいのちを与えつづけている。いのちといのちのまじりあい、つながりあいが、はるかな時のむかしからつづいてきた。毎年彩りとともに枯れ落ちていく枝たちも、その年どしにちがう新しい枝たち。そうした時間といのちのつながりのなかに、おれたちも身をおいている。



    鮭のムニエルにいくら、柴の火・土鍋で炊いたご飯、それぞれのここまでの道のりに、ご馳走様でした。
    | 料理 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    こんばんは。大口のまさんたちの生活が気になって、ついつい見に来てしまいます(笑)

    それにしても、何と言うゼイタクな生活をしていらっしゃるんでしょうねえ。特に一枚目の写真。
    それは単に「美味しそう」とかいうのではなく――大口のまさんがおっしゃるような意識で食べ物と対じするということは、人間としてとても自然な姿なんだろうなあ、と感じます。今ではこういう経験ができる人は、とても少なくなってしまったけれど。
    都会の高級レストランで一流のシェフが作った食事をいただくより、こちらの方が余程自分の血肉になるような気がする。

    わたしも早く引退して、こういう生活をしてみたいものです(涙)
    | alphecca | 2006/12/04 11:14 PM |

    alpheccaさんこんばんは。
    まだまだお見せできるほどのものは少いですが、いつでも覗きに来てください。襤褸を隠して待ってます(笑)。

    ふだんの季節は、野生のパワーあふれる山草以外は質素な食生活をおくっていますので(?)、いま季節には大いに秋の恵みを享受してます。美味しいです。

    とはいえ、全生活を山で行おうとするといろいろタイヘンなことや調整の利かないこともあって、実現するのは厳しいですよね。うちもけっこうあぶない橋を渡っているようなところもありますが、見透した目算を信じつつなんとかやっています。
    いまはまだ自分たちの生活を送るのに精一杯ですが、いづれは山の暮らしから生きかたを学んでゆきたいひとや、自然やどうぶつの好きなこどもたちに逗留してもらって、一緒に時を過ごして柴を狩ったりけものの足跡を追ったり、家の修理を手伝ってもらったりマタギ風の仮小屋をやってひと晩夜の山を堪能したり、山にあるものを料理して食べてただ囲炉裏を囲んで雑談したり、そんなことも野楽生の道のりの一部にしていきたいと考えています。
    有象無象の物々交換の輪を広げてゆきましょ!
    | 大口のま | 2006/12/06 6:58 PM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/422505
    トラックバック