SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 囲炉裏の暖 | main | 春のけものたち >>
ナイフの鞘づくり
0
    東京生まれのおれが山あいの街に引越してきたのは中学一年になる歳だった。関東平野の端っこに位置しているこの街は、むかし江戸まであと一日の、最後の足を休める宿場でもあった。山々を越えてきた旅人がお江戸をのぞんでほっとしたような、大きくはないが親しみやすい街並みがいまものこっている。地元の人は畑をやったり、江戸への材木を筏(いかだ)流ししたり、川や山からの恵みを採ったり獲ったりしていた。
    古いもの、というか、良質な時間を感じられるものが好きで、骨董屋によく出入りしていた。高級品ではなく地元のひとびとが使っていた道具が面白くて、とくにさまざまな刃物を見るのが楽しかった。子供が一人で入り浸るのは珍しいのか、店をやっているおじいさんとおばあさんには顔を覚えられて、「おじいさん、またあのナイフの好きな少年が来たよ」などと日本昔話のようなせりふで迎えられたものである。あとで知ったのだがおじいさんは凄腕の研ぎ師だったようで、時代劇で出てくるような剃刀がガラスのケースに並んでいた。

    その店で千円で買ったナイフが、いま山の生活でとても役に立っている。もともと鑢(やすり)だったものを鍛えなおして小刀にしてある、と鑑定眼のたしかな龍の字が言う。なるほど、よく見ると中心部分に細かい平行線の鑢の目が、うっすらと残っている。鉄が貴重だった頃に作ったものか、はたまた古くなった鑢を再利用で打ったものか、柄や鞘の拵えが素人っぽいので、名の無いものであることはまちがいない。
    切れ味はとても良くて、木を削って木工細工をするにも鹿の皮を剥ぐにも大事な相棒なのだが、使い続けていると鞘がこうなっていたらもっといいとか、柄がこんな形だったらこういうとき力が入りやすいとか、いろいろと工夫したい欲が出てくる。もらった端材で手ごろな板もあることだし、暇をみながら鞘ごしらえを始める。


    本職はもっと効率の良い道具を使うのだろうけど、とりあえず持っている彫刻刀で鞘の中、刃が収まるところを削っていく。気長な作業です。


    鉈の鞘を作ったときと同じ要領であるが、柄を作るのははじめて。目貫もないやすりのナイフなものだから、中心(なかご)を柄に突っ込んで接着するかなぁ、と、まだそれは先の話。鞘の中身を削るのは遅々として、短気な頃のおれにはできないしごとでした。
    思えばこの彫刻刀は小学校で使うために貰った物、間違えて学友のものが一本入れ替わり、そのままになっている。


    囲炉裏にむかって火を感じながらものづくりするのはたのしい。どこかなつかしい時間がもうひとつ重なってくる気がする。アイヌの男たちが夜な夜な囲炉裏の前でこしらえものをしたのもむべなるかな、あのすばらしい彫刻は、火を囲んだあたたかい家族のなかで、そして自然のありがたみのなかで生みだされていったのだ。



    関連記事
    ナイフの柄のかたち マキリのマはマタギのマ? (2007.06.11)
    | ものづくり | 09:26 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    私も、鑢だったものを鍛えなおして小刀にしたマキリ(アイヌの小刀)を持っています。
    北海道阿寒湖のアイヌコタンで買ったものです。私のマキリを見たければ、こちらへどうぞ。
    http://diary.jp.aol.com/4zuybfrhzp/
    | t260arima | 2007/04/09 11:33 PM |

    t260arimaさんはじめまして。コメントありがとうございます。
    貴ブログさっそく拝見いたしました。すばらしいマキリたちですね! 見惚れてしまいます。
    おれは木工彫刻ではアイヌのものが一番好きで、遠く及ばないにしても、あんな彫り模様を生み出してゆければいいなあ、と目指しています。

    いろいろ忙しくて現在鞘作りはちょっと止まっていますが、再開したらまた記事にしますので、また見にいらしてください。記事に登場している龍の字は漆も詳しい人で、自分で打ったナイフや鉈など、漆を使って拵えます。もっとずっと時間が取れるようになったら、漆も教わりたいなぁと思っていますが・・・アイヌのひとびとも漆を使っていたのでしょうね。

    t260arimaさんのブログ、今後も楽しみにしています。がんばってください。
    | 大口のま | 2007/04/10 12:06 AM |

    大口のま 様
    『リンクしたい』とのうれしい申し出を受けました。喜んでOKです。
    私も貴ブログを読んで、価値観に親近感を感じています。こちらこそよろしくお願いします。
    私は、ブログを始めたばかりでリンクの張り方もよくわかりません。おいおい覚えたら貴ブロクをリンクしたいと思います。
    今後ともよろしく。
    *私のブロクでは、私が共感と敬意を抱いているアイヌ文化を紹介していきますが、実は私が最も敬意を抱いているアイヌ文化は、木彫品(及びその背景となるアイヌの自然観、思想)です。当分、マキリ・タシロ(山刀)の紹介を行い、その後、イタ(盆)、ニマ(刳り抜き鉢)を紹介する予定です。
    | t260arima | 2007/04/11 10:21 PM |

    t260arimaさんこんにちは。
    リンクのご承諾ありがとうございました。また、そちらからもリンクしたいとのこと、嬉しく思います。ぜひよろしくお願いします。

    アイヌの木彫りの中で、おれはマキリやタシロに一番目がいってしまうのですが、イタやニマの美しい彫刻も楽しみです。ところでt260arimaさんはパスィはお持ちでないでしょうか? おれは写真でしか見たことがないのですが、あの形や用途にはなんとはなしにとても興味があります。縄文時代の石棒や石刀に込められた思いは、アイヌのパスィに通じるものがあるのではなかろうか、と最近考えたりしています。
    石棒は東北地方、そして北海道でも精巧なすばらしいものが出土していて、実用品ではなく儀式のためのものという考えが一般的です。遺っていないだけで、木製のものもあったのかもしれません。

    これらのものから伝わってくるアイヌや縄文のひとびとの自然観・世界観、おだやかでちからづよい感性が、枯れることなく、しっかりと根を張って再び芽吹いてくることを願っています。
    | 大口のま | 2007/04/12 1:21 PM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/484462
    トラックバック