SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 蜂の分家 | main | 夜と 火と 縄文と >>
ナイフの柄のかたち マキリのマはマタギのマ?
0
    暇をみつけて、思い出したようにナイフの鞘と柄を作っている。彫刻刀で少しづつ削りながら、ぽちぽち進めています。

    リンク先のt260arimaさんのブログ『もうひとつの日本文化(アイヌ文化) 』を、アイヌの作品の美しさにあらためて感激しながら、一方で自分のナイフ作りの参考にして、楽しみに読んでいる。

    マキリは狩りの時に使うナイフ・猟刀だ。その拵えの形が模様とあいまって、アイヌの尊ぶ大切な食料のカムイ・チェプ(kamuy-cep 鮭)に似ているなと昔から思っていたが、それまで見慣れているナイフとは違って凹凸の豊かな柄の形は、実際に使ってみて使いごこちはどんななのだろう、と興味を持っていた。
    しかし、鹿の皮剥きを何度かするうちに、マキリの形は皮剥きにとてもよい形なのではないかと思いはじめた。悲しいかな、マキリを手にしたことがないので実感として確かめることができないのだが、以下に感じたことを書きおこしてみて、いにしへからの狩人の魂を持つ諸氏にご意見賜りたい。t260arimaさん、是非ともよろしくお願いします。

    まずマキリを見て思うのは、ほとんどのものに柄の反りがあることだ。なかには相当に反っているものも見られる。鉈(和のもの)の場合は反対に、刃側に向かって弧をかいているが、マキリはアラビアン・ナイフのように刃を外にした三日月形である。
    これは、皮剥きに際して適している形だと思われる。皮を剥く作業というのは具体的にいうと、肉から剥がすときにあいだにくっついている膜や脂を切っていくことだ。やわらかくて薄い膜を切るのに力は要らない。なめらかにすべらせつつ、かるく触れるだけで皮膜を切っていく。これは極端に言うと、刃を外側にして大きな円を画いていく軌道となる。その軌道に沿ってナイフを操る時、指のちからを抜いてなるべく握り締めないように柄を持つとなると、柄の刃側の部分は邪魔に感じられる時がある。むしろ刃の裏側(峰側)にすこし柄が曲がっていれば、手のひらの真ん中にスッポリとおさまって、安定した、しかし力まないやわらかな持ち方となると想像できる。つまり、柄を掌(たなごころ)におさめて指に力を入れず、やわらかく刃を活かす持ち方として、反りが必要ということだ。

    鉈のように木の枝などの硬いものを伐りつける場合、しっかりと柄を握らないと刃が跳ね返されてしまう。この場合は刃を内側にして弧を画いた「円の内側が刃」になっている形が適している。マキリの逆だ。
    肉を切る、やわらかい使い方の刃物は、反りがあったほうがよい、と想像して、まだ作り始めていなかった柄の形の案を変更してみた。

    最初考えていた柄の形は下のようなもの。使い慣れている包丁の柄を参考にしていた。



    いろいろと考え直して現在はこのような柄を考えている。



    マキリや狩りのナイフに詳しい方、この形、使いやすそうですか?

    東北のマタギが使っていた猟刀は、槍の穂先ともすることがあるためずいぶんと幅広のしっかりした刃物だ。先っぽだけは両刃になっていた気がする。これは皮剥きをするときにも使ったのかどうか知らないのだけれど、強く逞しい熊を狙うことを目的とする道具としてはこのくらいの頑強さが要ったのだろう。皮を剥く時には別の刃物を使ったのかもしれない。

    「マタギ」は「狩人」の意味だと聞いた。そして「マ」は「狩り」の意味だと。
    萱野茂氏の「アイヌ語辞典」ではマタンキ(matanki)=猟、となっている。そもそも「マタギ」ということば自体が狩りの意味だったのだろうか。
    マタギことばの「セタ」も、アイヌ語セタ(seta)と同じく「犬」を意味する(同辞典では『犬、狼(古い時代の呼び方』)。東北にはアイヌ語が随分とのこっている。というか、そもそもこの弓の島の母語はアイヌ語と兄弟であることばだから、北へ行くほど、あるいは南へ行くほど現在のアイヌ語と似ていることばが残りやすい道理である(南は、漢語その他の影響も受け、北のアイヌ語はギリヤーク、チュクチなどの語の影響も受ける)。

    「マキリ」とは、「マ(狩りの)キリ(切り・刃物)=狩りのときに使う刃物」という意味の、縄文語を色濃く残した東北語・マタギことばに共通する単語だと思っているのだが、どうであろうか?




    関連記事
    ナイフの鞘づくり (2007.02.27)
    鹿解体 (2006.04.21)
    鉈の鞘 (2006.04.21)
    また、沢蟹料理など(2007.07.19)のコメント、それからリンクしているブログ、『もう一つの日本文化(アイヌ文化)』のt260arimaさんとのやりとり(コメント欄)もご参照ください。
    | ものづくり | 22:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    先日読んだマタギ関係の本で、マタギことば=山ことばとして「マキリ」の語があったので抜書きします。

    まずは、青森県下北半島の畑(はた)のマタギの村を書いた『山の人生 マタギの村から』(根深誠著 1991年日本放送出版協会発行)の「付録 マタギ資料 山ことば」から猟具の項で
    「マキリ 小刀。皮はぎ用。弾丸がなくなった場合、竿の先端につけて槍の代用ともする。」
    写真は載っていないので形状がわからないけれど、記事本文で書いたように皮剥ぎ用と槍の先とでは適している形がだいぶちがうようにおれは今のところ考えている。ぜひとも実物を見てみたいものである。双方の用途をひとつの道具でまかなえるならばその方がいいから、いつか真似して作ってみたい。

    場所が下北半島だけに、北海道アイヌの言葉と同じなのは距離的に無理もない。秋田のマタギことばではどうだろう、と、もう一冊さぐってみた。『消えゆく山人の記録 マタギ(全)』(太田雄治著 昭和54年翠楊社発行)の「第五章 マタギ事典」に
    「マキリ 小刀」
    とある。これも写真はないのだが、巻頭の写真の中に「解体用キリダシ」と「マスケ 皮さやの短刀」という説明で計四本のナイフが載っている。いづれもマキリとは似ていなく、キリダシの一本がわりと反りがあるが、ほか二本は反りを重要視しているような形ではない(一本は鞘に入ってて刀身が見えない)。

    この本の「第一章 マタギと狩り」に「「マタギ」の由来」として、マタギということばの語源の考察をいくつも述べている。
    意味は「狩り、狩人」の両方で使われ、分布については秋田・青森・岩手・宮城・福島・新潟そして四国の山嶺で狩りを表す言葉としてのマトギを挙げ、また北海道アイヌ・樺太アイヌ・同島オロッコにも「マタギ」という言葉があったといい、アイヌ語と本州語のどちらが源かはわからないとしている。
    秋田では奥山村の熊の狩人のみをマタギと呼び、平野部の銃猟家は鉄砲打ちといって区別しているとも書くが、山村では全部含めてマタギと称するとも書いている。具体的な地名がないので読んでいても意味がよくわからない。

    語源の考察ではこれはという目新しいものはない。ただ「山立(やまだつ)」が訛ってマタギとなったというものが、マタギの祖・万事万三郎伝の肩書きに書かれている山立と共通していて興味深い。奇抜なものでは、インドの屠殺業者の卑称マータンガ(男性形)マータンギ(女性形)から出ている、というものもあるが、これはまさかありえないだろう。

    二冊ともまだ読み始めたばかりなので、今後読みすすめばまた関連したことがらがあるかもしれない。

    語源の探求ではどこまで語素をたどれるかが決め手だと考えている。外来語はそれ以上語素を分けると意味がわからなくなる。やまとことばは一音韻でも子音と母音の双方が意味を持っているので、子音・母音のそれぞれの意味がどれだけつながっているかでその単語の古さがわかる(もともとはどの言語でもそうだったと思う)。アイヌ語はこの弓の島の言葉を考える上でも大事な手掛かりでもあるし、なにより言葉にのこされている先祖の智恵・世界観を知るために、必ず学びたいものの一つである。
    | 大口のま | 2007/07/09 8:39 AM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/572192
    トラックバック