SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 若竹 | main | 沢蟹料理など >>
水と木と、それを喰らうものたち
0
    このムラ(部落)は二本の沢の合流点を中心にできあがっている。傾斜はきついが陽当たりのなかなかよい、近隣よりも古い生まれをもっている部落だと聞いた。
    ムラが誕生するにあたって不可欠なのが「流れ」だ。日々の生活をささえる水に感謝し、水神を祀って、命のみなもととのつながりをかたちにもこころにもあらわす精神は、アイヌ、インディアン、そのほか地球上どこのひとびとも同じだった。

    各家に、水道を配して沢水が通るようになったのは、いつの頃だったろう。ながいあいだ、水甕に溜める水を汲みに行く日課の暮らしが、変化したのは。自宅の台所にはじめて水が出るようになった時、家人はどんな気持ちでそれを見ただろうか。いきて流れる水が、家の中に来るようになったのだ !・・・ ムラの上流にあるいくつかの風化した水溜めの槽が、何度となく作り直された水確保のためのいとなみを伝えてくれる。

    現在使っている浄化・貯水の槽は、三・四十年前に作られたという。その頃、炭やこんにゃくの需要が最も多かった時代を反映して、部落の人口も史上最多だったと思われる。二本の沢の水だけではまかなえなくなってか、数キロ離れているもっと水の多い沢から引水する水管が、部落の人々の手によって山の斜面に埋められ渡された。もともと部落で使っている二本の沢の水量が減っていることをうかがわせる地形もあり、また電気製品の利用にちなんで家庭排水が増加したことも一因だったかもしれない。

    地面に埋められている水管は太く厚い塩ビ管で、つねに流れるよう注意深く進路を決めてあるので冬季でも凍ることはないが、ときどき何かの原因で水の出がわるくなることもある。おれが引越してきたばかりのとき、樹が根を伸ばして管をからめとり、ひしゃげられた水管が流れを滞らせていたこともあった。三十年の間には、樹々も立派に育つ。

    今年、浄水に使われている槽いっぱいの石や砂利を部落の皆で洗った。前回の清掃から十年ほど経っているというわりには汚れがそれほどついてなく、沢の水の清浄さをあらためて知った。ありがたい、恵みだ。
    清掃ののち日を改めて、埋めてある水管の点検に山へ行く。道みち話す内容は山で採れる茸のことだったり、鹿や猪の最近の様子だったりで、部落の人と行動するのは山で生きていくための実践の学び場だ。
    だが・・・。

    針葉樹の植林のなかを通っているとき、鹿に皮を食われた跡をいくつか見つける。外側の硬い皮は食べずに、内側の柔らかい部分だけを念入りに食べている。無数についている細かい歯の跡は、鹿たちの生きることへの必死さを伝えるようだ。


    細い樹の皮を食べることはないのか、餌食となっているのはひとかかえもある大きな樹ばかりである。

    地元の人たちの鹿や猪に対する感情は冷淡だ。畑や植林の加害者としか、彼らを認識していないからだ。
    鹿の「被害」にあった植樹を囲んで、不満や憤りを語り合う同道者たちのわきで、おれは沈黙する。生き延びるために糧を捜し、木の皮を丹念にこそぎ食べる鹿たちの動きを脳裏に描く。雑念のない無垢な、しかし逞しいちからを秘めている黒い瞳を想い起こす。
    野生のおきてを守ってつよく生きる彼らの姿を。


    水源に来た。これから水道管に沿って部落までを、点検しながら歩いていく。
    段取りを打ち合わせる会話の内容が、この日の作業を楽しからぬものとなることをおれに知らせた。
    おれは知らなかった。今日の作業の中心が樹々の命を奪っていくことだということを。
    今後また樹の成長によって水管がひしゃげ水の通りを邪魔することのないように、水管の近くに生えている樹を枯らすため皮を剥ぐ手順が確認されていく。
    その樹たちがやがて必ず通水を邪魔するとわかっているわけではない。また、前回水の通りをわるくするほど管をひしゃげた樹は、からんでいる根を数本切ればそれでよかった。樹の命を断つ必要はなかった。
    次また水の通りがわるくなったとしても、、場所を探して原因となっているところだけ手をかければいい。樹を死に至らしめることはない。

    しかし部落の人にとって樹のいのちは、水道確保のため疑わしきを処するほどに軽いのだ。皮を食われた樹を見て鹿に不服を抱くのも、その樹が植樹だったときのみに限られていることからもそれがわかる。材木としての、人間の法に則った利用価値のある樹の場合のみの。

    おれはおれの考えを部落の人に伝えることをしなかった。言ったところで理解できないとしか思えないからだ。そしておれがこの部落で暮らし難くなる結果を招くだろう。
    それはおれの驕りだったのかも知れない。その理由で樹を死なすべきではないと、言った方がよかったのかも知れない。
    だがおれは黙っていた。黙ったまま一緒に樹の皮を剥ぐ作業をしていたのは、ただ自分可愛さの保身でしかなかった。

    半日をかけて、山を歩き、樹の皮を剥いだ。彼らが地中からちからを得ることができなくなって死ぬように。


    樹は、おれをゆるすだろうか。樹々の母であるこの大地は。


    木の所有者、山の所有者――地主には断りを入れてある。作業している部落の者が所有者本人の場合も少くない。

    そして、この所有するという概念に、どうしても馴染むことがおれはできない。木や、山や、ものたちを、自分の物にするという感覚が、やりきれない。

    おれはだれにも所有されたくない。なにものをも、所有したくない。その概念を受容することは、タシナ・ワンブリさん(コエン・エルカさん)に怒られる気がするのだ。おれの体を造っている、おれを生かしつづけている無数のいのちたちが、悲しむ気がするのだ。




    『生の木、生きている木をワザワザ自分のため切るのは  余程生死に関わりがない限りとか儀式以外の為、さけた方がいい、と思います。生の木はそれなりの“おもい”=魂があるので、それなりの儀礼がかかる、使うには。』

    部落を通る沢の水だけで生活をまかなえなくなったとしても、それはその地に住める人の量の限界を超えたからだろう。そして沢の水が昔と比べて減少したのは上流に植林を造ったからではないか。金銭目的で天然の樹々を皆伐し同種の木のみを人間の按配で植えた林は、生きものの極端に少い、水を保てない土地をうみだしてしまう。
    皮を鹿に食われた植樹が目立つのは、病的に増えすぎた種(植樹)の数が減っていく大自然の当然の加減かもしれないのだ。

    ゆるやかに変動する自然の按配に、野生の木々が育ち、野生の動物が行き交う。その一部におれはなりたい。

    『然し、枯れた木や落ちた枝を使うのは感謝をもてば、やきものを作るのも暖をとるのもどこが悪いのか?』
    『森で私、火をつくる時、狼たちとコヨーテたちと火の近くに来て暖をとるためですよ。』
    『“野生”の強さは
    【その時その場ですべてを使って生(性)一杯生きることです。】
    【お互いに使い合う。】』
    ・・・・・・
    | いきもの | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    大口のまさん、こんばんは。

    >樹は、おれをゆるすだろうか。樹々母であるこの大地は。

    >おれはだれにも所有されたくない。なにものをも、所有したくない。

    こういうふうに感じる人って、この人間の社会では生きづらいでしょうね。

    多くの現代人が抱えている不幸は、自然と心を通わせることができなくなっているところから来ていると感じます。
    田舎に住んでいる人ですらそうなのですから、まして都会に住んでいる人たちは、どれだけ苦しいでしょう。

    都会にも植物は存在しますが、植物たちは、そんな人間の辛さや苦しさを分かった上で、人間が植物に対して為している仕打ちも含め、すべて許しているように、わたしには感じられます。
    こんなことを言うと「都合のいい考え方だ」なんて言う人もいるんですが(苦笑)、植物に癒される人が多いという現状を見ると、やはり植物は人を受け入れるような波動を出していて、それに人間が救われているのでしょう。
    動物の場合は、植物と違って「すべてを許す」という感じではないのですが、それでも人間のように騙したり憎んだり無駄に殺したりせず、自然の一部としての生を全うしている。
    だからこそ、昔の人たちは動物達の姿に神の姿を重ねたのでしょう。
    | alphecca | 2007/07/18 12:53 AM |

    alpheccaさん、こんばんは。
    今回の記事は長くて、あまりまとまってないなあと思っているのですが、読んでいただけて嬉しいです。

    alpheccaさんのおっしゃるように、人間の愚行も苦悩もすべて植物たちは受け入れてくれているように、感じられます。許されるのだろうか? と考えること自体がすでに野生から離れた不自然な想念にとらわれていることなのでしょうね。きっと自然の世界では、いのちのめぐり会いや響き合いがあるだけなのでしょうから。

    都会にいた頃、動植物や物へ向けての人間が放っている蔑んだ態度や言葉を苦い思いで見ていました。そんななかで心を開ける場がなくなっていったように思います。
    自然とのつながりや野生のたましいはだれでももっているのに、現代人(文明人)はこの社会の生活のなかでそれを見る眼を閉じるようになってしまっている。野生の生きものとふれ、自然とともに生きているひとびとと出逢うなかで、そう感じます。

    許すも許さぬもなく、所有しているされているなどと思うことなく、ただ、自分を生きて周りを受け入れてゆけば、それが本当の生命のすがたなのでしょう。

    許されるだろうかと感じるのは、おれ自身の中に許せないという思いがあるからなのだとも思います。
    おれにはまだ納得しきれない何かがあるのです。
    おれがいまここにいることを果たすちからを与えてくれたものたちにたいして、何かまだ足りていないと感じるものがあるのです。
    あるいは、子どもの頃のおれが味わったつらさにきちんと答えられる何かが、まだ欠けているのです。

    あの頃のおれが、もういいよ、といって忘れ去ることができるようになるまで、その何かを追いつづけとようと思っています。

    こころあたたまる言葉ををありがとうございました。


    ※記事本文の「樹々母であるこの大地は。」は「樹々の母であるこの大地は。」の書き間違いでした。訂正しておきます。
    | 大口のま | 2007/07/18 10:33 PM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/610004
    トラックバック