SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 葉の輝き | main | マキリを手にする 模様を感じる >>
耳飾りの野焼き
0
    六月に作った耳飾りを野焼きした。
    場所は榛東村耳飾り館、館のひととorbitさんが準備をして待っていてくれた。おひさしぶり〜、と挨拶をしてさっそく野焼の手順を説明してもらう。

    燃料は落ち葉と落ちた枝、一輪車に一杯。それから太目の枝を少々。地面の上に肩幅くらいの直径で少し太めの枝を並べ、その上に耳飾りをのっける。耳飾り同士があまり近すぎないようにするのは、万一壊れても隣に影響しないためだ。
    耳飾りを並べたら、その上に枝をティピ(インディアンテント)を立てるみたいに円錐形っぽく積んでいく。枝同士がくっつき過ぎていると風が入りにくくてよく燃えないので、なるべくまばらに、ムラのないように積んでいく。その上にさらに落ち葉をかぶせ、外見は落ち葉の小山があるだけと変わらない。

    火をつける。湿気のある季節なので燃し木が水分を吸っていて、炎が勢いよくというわけにはいかず煙もうもうのいぶし焼きっぽくなる。乾燥期にはあっという間に火が広がったというが、今回全体が火に包まれるまでに10分ほどかかった。
    このまま燃え尽きるまで小一時間、見守って待つ。


    冬であれば、落ち葉焚きで焼き芋でもしているかと思われるだろう。
    こんなに短い時間で、少い燃し木で、土器が焼けるとは想像の外だった。いくら耳飾りが小さいとはいえ半日は火を燃し続けるだろうと思っていたのだ。

    現代製陶を学んだせいもあって、焼成の温度が高ければ高いほど“よく焼く”ことだと思っていた。縄文時代のさまざまなことを知っていくなかで、土器の焼成に関しても相当な技術をもっていたことがわかる。そのため野焼きではあっても、窯のような状況を作りだしてかなりの高温で焼いていたと考えていたのだ。

    けれどもorbitさんの話しを聞くと、縄文時代の遺跡において土器を焼くための跡はわずかなくぼみすら見つからないことがほとんどだという。出土する土器の表面には、密室での焼成品には見られない、風による炎のムラの、炭化した黒い斑が見られるとも。

    つまりいまここでやっている焚き火のような野焼きで、数々の縄文土器が焼かれてきたのではないかと考えられるのである。


    おれはまだ野焼を知ったばかりだから、ここであれこれと結論を出そうとするのは尚早だろう。しかしこの野焼き方法ならば、身近にある燃し木だけを燃料にして、短時間で焼き上げることができる。

    八千年という縄文時代のあいだに高温焼成の方法を、縄文人が考えつかなかったとは思えない。焼成に関して労を怠ったとも思えない。焼く前の、形をつくることはこれほどまでに手をかけて、こころを込めて作っているのだから。

    この野焼きでは、木々を伐って燃料を作る必要がない。窯を築くために地を掘り土を積み固めることもない。
    天気や風の動きを読む、どの季節にはどんな燃し方が適応しているのか、自然界と一体化している火の技術が高められただろう。


    この記事を書くにあたってよく考えてみたところ、おれにも一度だけ野焼きの経験があった。中学の時の授業の一環として、陶芸家の指導で運動場に深さ30センチほどのくぼみを3メートル四方ほどつくり、同級生のつくった土器を集めて薪の火を、朝から夕方まで燃したことがあった。
    けれども耳飾りの野焼きをしてみて、今回のような落ち枝を使った小規模の焚き火で多すぎない土器を焼いていく方が、成功率も効率もよいのではないかと思えてきた。


    一時間足らずで火は消える。枝を使って灰を掻き分け、耳飾りをひろい出していく。
    二十一個の耳飾りたちが、羽化したようなあたらしい姿を表した。




    今回かなり煙が出たので、大半の耳飾りが黒く炭化している。渋く光る黒色に、弁柄(酸化鉄)で色付けした赤が美しい。炭化している方が、弁柄の赤はより鮮明なようだ。



    縄文の野焼きを経験したおれの体内に、新たに騒ぐ血の蠢き(うごめき)がある。地元の土を使うこと、表面を石や竹で磨くこと、湧いてくる土器づくりのひらめきを、しずかに温めていこう。
    食器、装飾、花器、照明器。
    そして土偶や石棒のように、自然界のちからの流れを感じとる手助けとなるかたちを生みだしてゆきたい。

    ※関連記事
    夜と 火と 縄文と (2007.06.18)
    縄文の装飾 耳飾り館 (2007.04.24)
    八千年前弓の島 (2007.05.07 )
    | ものづくり | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/632940
    トラックバック