SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< じてんしゃ図書館 | main | 槍の柄作り〜野生の狩人をめざして >>
猟期前
0
    猟期が近い。
    罠を仕掛けるための準備をいろいろと教わるため、熊つぁんのお宅を訪問した。夕刻に到着し薪ストーブが温まったころ、毘沙さんと梵天丸くんもやって来た。大蒜たっぷりの鹿肉炒めを肴にしながら、罠の材料等について確認する。

    罠を掛けるのは、おれは今期がはじめてだ。熊つぁんところで解体はだいぶ自信がついたので、今年から自分でも仕掛けていく。以前に見せてもらった時のことをよく覚えているから仕掛けること自体は問題ないと思うのだが、道具の確認、そのほか他の狩猟者への気遣いなどについて教わることがあった。罠猟においておれが心配している、狩猟犬が掛かってしまう可能性だ。銃猟は昼間だけに限られているから、毎日朝から夕刻までの時間は罠を取り外そうかとも考えていたが、「そんなことじゃモノ(獲物)がかからないよ」と熊つぁんに一笑されてしまう。鼻の利く獣たちから人の匂いを隠さなければならないのに、毎日人臭を付けに行くようなもの。考えてみればその通りだ。
    必要に応じては罠が作動しないような工夫と、地元の猟グループの人と連絡を密にとって事故のないように心掛けることだと教えられる。

    止どめ用の槍は出来た?と毘沙さんが訊く。まだなのだが、作る段取りについては構想が練ってあって、来月に入れば作り始められるだろう。最近なにかと忙しかったのだ。
    熊つぁんが猪にナイフで止どめを刺した時のことを、見ていた毘沙さんが語ってくれた。ナイフさばきが上手いのだろう、スッという一閃で静かに息をひきとったという。
    鶏の解体をおれに教えてくれた毘沙さんだが、屠るという行為には人一倍抵抗を持っている。猟に関心を持ちつつも、その抵抗ゆえに自分で行うつもりはいまのところ無いようだ。その毘沙さんが、安らかに逝ったように見えた、という熊つぁんの手際がしのばれる。


    その命に終わりをもたらそうと近づいて来る人間を見て、獣は激しくあらがう。血走った眼でにらむようにしながら、体当たりしても来る。そのちから強さと、なによりも生きることへのエネルギーは、かれの命を獲ることが真に必要なのかどうか、幾度とない問いかけをおれに生まれさせる。
    おれは獣たちが好きだ。木も草たちも。その命を得ることで自分が生きているということをほんとうの意味で理解し、それら沢山の命に見合った生き方をしてゆきたい。貰った命にとってもっとも善いために、なにが出来るのかと。

    澄みわたった星空、冷ややかで白い月光の映えるなか、鹿の声が大気を裂くように響く。
    ふと、昔習った鬼剣舞を踏みたくなっていた。
    鬼剣舞の「鬼」とは死者を指す。反閇(へんばい)という地鎮の法が踊り念仏と結びついたのは、ごく自然なことだったろう。

    生きるための主な糧となった鹿たちを祀る鹿舞い(ししまい)も、先祖を祀る鬼剣舞も、大地との繋がりをたしかめる、ネイティブの魂が宿っている。
    | 狩り | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/689688
    トラックバック