SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 鋸(のこぎり)の目砥ぎ | main | 春の草花 >>
古代製鉄実験の見学 〜人と金属器の出逢い
0
    いつの頃からか、鍛冶師に憧れていた。
    熱い火の中で鉱物を採り分け、槌を振るって柔軟な剛さ(つよさ)を鍛え、すぐれた形を生みだしていく。ドゴン族の神話をモチーフに、鍛冶師が重要な役割をはたしている小説「蒼い人の伝説」には鋼を鍛える描写が躍動感をもって絵描かれていて、鍛冶に対する神聖感・神秘感のようなものをますます強めさせられた。
    食い扶持を稼げないからと生業にははなから諦めていたけれど、龍の字と知り合うことで鍛冶を教わる機会を得て、子供の頃からの思いがふたたび熱を帯びたりする。

    そんな龍の字がくれた一本の電話から、古代の製鉄実験を見に行くこととなる。日程と会場を詳しく調べてみると、それはリンクブログの書き手orbitさんの勤め先であった。メールで打診し、当日会えることを確認する。

    おかマタギは所用で出掛けられなかったので、龍の字との二人で朝早く出発する。楽しみで仕方がないという様子の龍の字は、車に乗り込むなり製鉄に関するあれやこれやの話を聞かせてくれた。聞きかじった付け焼刃の知識をここに書いて間違いがあるといけないので詳しく掲載はしないけれど、製鉄が歴史のなかでどのように人の生活に影響をもたらしてきたか、漠然と感じたような気分を味わいつつ車を走らせる。

    台風のせまる雨の中を、二時間ほどで到着する。一般客が入れる時間になったばかりの会場にまだ人は少く、間近で炉を見ることができた。



    本来は半分地下に埋まっていて後ろにはたたらで風を送る鞴(ふいご)があり、前面には溶けたカス(砂鉄から鉄をとり分けた後の不純物)を流し出すための穴がある。おれたちが到着した頃、その穴には温度計が入れられていた。


    写真左下、足場を組んである下に、たたら・鞴の代わりとして送風機を使っている。

    ある程度の温度になってから、いよいよ砂鉄を入れる。燃料である炭と一緒に、どのくらいの量をどのくらいの時間経過で入れるかが、うまく鉄を溶かしていくかなめとなるようだ。

    砂鉄や炭を入れると火花が飛ぶ。炎を扱っているという実感は、胸を躍らせる。

    炉の構造は縦穴に風を吹き込む穴をうがっただけのような極簡単な構造なので、その分従事している者の技量が肝心となっいる。古代の技術者は炭や砂鉄の質、炉のある土地の土の質、さらには季節や天候といったもろもろの条件を吟味・把握して、かぎられた道具や条件の中から鉄を取り出していたのだろう。

    実験している人々にとっては落胆だったと思うが、今回の結果はあまり良くなかったらしい。風を送る調整やその他の状況(おれはあまりよくわからないが)の加減で、カスが炉中で冷えて固まってしまって、炉前の穴から流れ出なかったのだ。
    実験しているのは考古学等を専門としている人たちで、製鉄技術者ではない。製鉄専業者のもとへ教わりに行ったりしながらおこなっているという今回で二度目の実験は、まったくの素人のおれなどから見れば十分に見ごたえのあるものであったのだが、実験担当の人はけっこう残念そうであった。
    大成功と言えないとはいえ、鉄の選り分けがうまくいっていないということではない。カスの部分が下部に溜まって固まってはいても、その上に鉄がとれている可能性は十分(?)ある。

    見に来たお客さんに、溶けて流れ出るカスを見せるのか大きな山場だったようで、担当の方は申し訳なくおもったのか代わりに冷めきらない炉を切りくずして中の状態を見せてくれた。危険も伴うこの作業は、たいへんだったと思う。




    それにしても、使用した燃料の炭の量には驚嘆した。数分ごとに1キロの松炭を入れていくのを見ていると、ついつい日常我が家で燃している囲炉裏の柴やオキ炭と比べてしまう。見学していたのは約六時間、実験を始めてからは九時間以上の時間、炉は燃し続けていた。当然、製鉄で使っている炭はどんな炭でもよいというわけではなく、熱量を確保できる質の良いものでないといけない。
    龍の字によると、現代でも炭の火で製鉄している鉄工所はあるという。
    おれも千二百度の火を使用して生業としている身ゆえ言えた義理ではないのかも知れないが、冬を越す薪を集めるため山を上り下りして掻く汗を思い出すと、一握りの鉄のためにどんどん燃やされていく炭を見るのは、なにか身を細らせるような、落ち着かない気分を禁じえない。

    木を伐り出し運ぶ。炭にする。原料となる砂鉄は土中より掘り出されて河川で洗われ、鉄分の多いものが選り出されて運ばれる。
    そして燃料・原料を採った場所では、沢山の生きものの生活空間が壊される。

    鉄器を駆使することは中国大陸からもたらされた技術だ。もちろんそれ以外の金属技術も、もともとこの弓の島にはなかった。優れた道具を作り出す金属たち、これほどの労力を必要とする技術は生活のなかで必要とするものではなく、大規模な集団としての力を維持していくための道具、戦力だったとおれは考える。ひとつの一族やひとつのムラ、その生活の中でのちからであれば、道具と成ってからのちからよりも、道具を作る労力の方が負担となって、石器骨器等とくらべて決して便利な道具ではなかったと思うからだ。
    交易等で手に入れた金属器は尊び大切にするとしても、その道具を作り出す技術を生活の中にとり入れることは、縄文のひとびとはしなかったと思う。
    金属とはあくまで、特別なものであり、それ故みだりに使ってはならない神聖なものだっただろう。

    限られた、特別なちから。
    その認識は、むやみに道具を使うことをおのずと戒め、生きるに必要とするときのみに役立ってもらう有り難い存在と感じ得る。

    一つの金属器の背景には膨大なちからの凝縮がある。
    多くのいのちがその道具のためにちからを分け与えている。
    そんな道具を日常に、あたりまえとなって使っていることは、ひとにとってよくないこと、危険なことなのではないだろうか。

    どんな道具も、(そしておれたち自身の体そのものも)、かつては別のかたちであったものたちのちからを借りて、使うことができている。なにもないところから自力で生み出したものは一つもない。
    生きていくということが他のものたちのちからを借りてつながっているということを、忘れないでいなければならない。だからこそ、そこには協調があり、共生があり、多くのものたちがバランスをたもって存在できる世界があるのではないだろうか。

    自分が使っている道具たちに、どのような背景があったのか。どんな経緯でここに来て、使わせてもらえるようになったのか、それらを感じつづけていることはもともと自然なことだったのだと思える。けれども“物”にあふれる現代に過ごしているおれたちはそれら一つ一つのものの背景をすべて感じていたら、あまりに多すぎる景色の内容に気が振れてしまうのだろう。
    そうして、ものたちの声が聞こえなくなるように自分から耳を閉ざし、感覚を鈍らせてきたのだろう。

    それは自分の使っているちからがどのようなちからなのか、わかっていないということだ。
    強すぎるもてあましたちからで、多くのものを傷つけていくことにもなりかねない。

    一つ一つのものを大切にする。それがやがては世界のすみずみまでを大切にすることになっていくのだと思う。地の果て、空の果てまでも、みなつながっているのだから。



    製鉄実験の合間に、館内展示も見てまわった。orbitさんが案内や説明をしてくれて、短い時間では見切れない面白さにまた日を設けて見に来ようと考える。
    そしておれは、やはり縄文時代の遺品の数々に最もこころを奪われる。これらのものたちを作り出していたひとびとは、間違いなく宇宙とつながり、一体となっていたひとびとだと心底思う。



    ナイフを使い鉈を使い、その他沢山の作られた道具たちのちからで生きながら、それらをみだりに使ってはいないか
    つねに自分に向けて問うていかなければと、あらためて思う。

    沢山の展示物なかで、縄文時代の狩人の人形にも目を惹かれた。おれが持っているイメージと多分に通じるところがあり、嬉々として撮影した。


    ものをかりて生きるおれたちのからだは、この大地とも、
    宇宙の星々ともつながっている。

    ※関連記事
    耳飾りの野焼き (2007.08.17)
    夜と 火と 縄文と (2007.06.18)
    八千年前弓の島 (2007.05.07)
    縄文の装飾 耳飾り館 (2007.04.24)
    | ものづくり | 21:21 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    たたら製鉄について詳しく知りたいと思いました。たたら製鉄と川について…出雲や刀鍛冶について…色々…
    | 白薔薇 | 2008/10/17 11:01 PM |

    白薔薇さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    たたら製鉄についてお知りになりたいとのこと。無念ながらおれの持っている知識は記事本文程度のもので、ろくな返答ができません。ごめんなさい。さも訳知り様な表題をつけてしまって誤解を招いてしまったかもしれませんね。

    白薔薇さんが知りたい事とずれているかもしれませんが、たたら製鉄や出雲、そして刀鍛冶に関して考えていることを書いてみようと思います。

    古くからすぐれた製鉄が出雲で行われていて、とりわけ刀剣を作ることは鍛冶技術の象徴でもあり、注目されていたようです。「古事記」中スサノオが八岐大蛇を斬る話は製鉄民のことを描いたものともいわれ、朱色の腹をした八岐大蛇は製鉄のさまざまな工程で赤く濁ってしまった川のことだという考え方もありますね。斬られた大蛇の中から出てきた草薙の剣は、川を犠牲にして生産された剣(当時の製鉄民の地位を支える職能)というわけです。
    むろん解釈は様々にできるので一概に決めつけてしまうことはできませんが、出雲の民を対外的に強めることに一役買っていた重要な産業が製鉄だった、ということは間違いないようです。

    日本には青銅器等の金属文明の時代が短く、急速に製鉄技術が始まりました。このことから、技術そのものや技術者たちが外国(中国大陸)から伝わってきたと思われるわけですが、そもそも中国の製鉄・金属技術も渡来の可能性が高いと思います。きっとメソポタミアまで遡るのでしょう。
    ですからアフリカのドゴン族に伝わる製鉄技術=鍛冶の文化も根は同じだと思っています。そのなかに鍛冶師とシャーマン(祈祷師)の密接な繋がりがあります。ある意味鍛冶師はシャーマン以上の存在と認められているようです。
    これは日本列島にたどり着いた製鉄文化も受け継いでいるようで、鍛冶師、とくに刀鍛冶は神聖な職となっていますよね。金属を使役するということは、それだけ大きなちからを用いることなのです。

    出雲を舞台(の根っこ)とした漫画「八雲立つ」はシャーマン(巫子)と鍛冶師を主人公にしていて、刀鍛冶の特殊な役割についての示唆がよく表われています。オカルト要素もあって好き嫌いはあるでしょうが、古代日本の製鉄や精神観を考える上で参考になる作品でした。良かったらご一読ください。

    製鉄と川(自然)との関係はおれも関心をもっていて、機会を作って調べていきたいと思います。白薔薇さんも、新たな発見等ありましたら教えていただけると嬉しいです。
    これからもよろしくお願いいたします。
    | 大口のま | 2008/10/18 9:33 AM |

    いま、籔田紘一郎著「ヤマト王権の誕生」が密かなブームになっていますが、
    それによると大和にヤマト王権が出来た当初は鉄器をもった出雲族により興 されたとの説になっています。 そうです、近世たたら製鉄のメッカ出雲は古代においても鉄のメッカだったのです。
     そうすると、がぜんあの有名な山陰の青銅器時代がおわり日本海沿岸で四隅突出墳丘墓
    が作られ鉄器の製造が行われたあたりに感心が行きます。当時は、西谷と
    安来-妻木晩田の2大勢力が形成され、そのどちらかがヤマト王権となったと
    考えられるのですがどちらなんだろうと思ったりもします。
     西谷は出雲大社に近く、安来は古事記に記されたイザナミの神陵があるので神話との関係にも興味がわいてきます。
    | 大和島根 | 2008/11/24 2:40 PM |

    大和島根さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    『ヤマト王権の誕生』は存じませんが、出雲や大和、鉄器のことなどについて考えを描いてみようと思います。全ておれ自身の一人考えなので、こんな考えもあるものかなぁとまぁ楽しんでいただければ幸いです。尚、いろいろな考えから「大和政権」という語を用います。

    出雲の民の源流は遠く西方(中国領以西)にあり、すぐれた金属製成技術をもち、その生活基盤は麦作でした。中国大陸にいる間に稲作も身に付け、この弓の島(日本列島)に来てからは稲・麦作を中心に成り立っていたようです。既に製鉄技術に長けていて、島根の地に居を構えてなかなか大きな勢力となっていました。紀元前のことです。
    いっぽう大和政権(となる一族)が弓の島にやってきたのはずっと遅れ、勢力として名のある民のなかで彼らは最後発くらいだったと思います。彼らの源流は、言語の特徴、信仰する神々の名前、墳墓の形(前方後円墳)、生物人類学的身体特徴などからツングース族、つまり女真族(満州族)や朝鮮民族と同じ騎馬民族だと考えます。彼らが弓の島々にやって来たときは北九州にも瀬戸内海にも農耕基盤の大規模勢力が存在していて、入り込む余地はありませんでした。安住の地を探して東へ北へと海を旅した彼らのうち、一勢力はご存じ奈良盆地に居を構えますが、ほかに更に東へ向かって名古屋や千葉・茨城に住んだ者もいました。特に茨城に行った者たちは広大な地を稲作に利用することに成功し、かなり大きな力を持ちます。

    奈良の盆地に話を戻して、彼らも稲作の地を見つけます。しかしこの辺も他の渡来農耕民族が多々住んでいて、その土地から得られる収穫では満足できなかった彼らは様々な手段で勢力を拡大しようとしていきます。その中の一つに出雲を懐柔するというものがありまして、これが所謂「出雲の国譲り」です。これは武力(軍事力)と策略(政略結婚等)が中心で、茨城に勢力を伸ばしている同根一族も手を貸しています(ですから奈良盆地に彼らが来てから最低百年の時を経て、出雲の国譲りは行われています)。
    当時出雲内部にて勢力争いがあったことも高い可能性で考えられます。記紀神話に出て来るコトシロヌシとミナカタヌシ(タケミナカタ)の兄弟のそれです。

    コトシロヌシは大和政権側に就いて、鉄器をはじめとする様々な貢献をします。「国譲り」(大和政権への従属)にあくまで反対したミナカタヌシの一族は、武力に敗れ、出雲の地を追われます。日本海を北上し能登半島のあたりから内陸へ向かい、長野の諏訪湖のほとりに落ち着きます。落ち着くといってもそこには先住民が暮しており、モレヤの一族というのですが、新参のミナカタヌシの一族との間にずいぶん戦もありました。最終的には住み分けを行うのですが、大規模農耕(稲作)を生活基盤とするミナカタヌシの一族がだんだんと勢力を強めていく結果となりました。

    奈良盆地では大和政権が飽くなく勢力拡大を図っています。というより彼らは、勢力を拡大する以外に生存手段がなかったと言うべきかもしれません。“必要に迫られて”彼らはその政権を拡大させ続けます。まずは西へ、南九州と南四国以外は手中に収めます。次は東へ、海路を使います。太平洋沿岸を日立までほぼ支配下に置きました。しかしそこから北は黒潮を利用できません。陸路を使うより他ないわけですが、すでに勢力拡大していた茨城を拠点として内陸を西進します。稲作に適した平野部は栃木、群馬まで延ばし、一方で西南の埼玉・東京近辺へも入っていきます。これらはみな今まで渡来民族が住まなかった縄文人たちの大地でした。文明の利器と策略を存分に発揮して勢力を拡大していきます。群馬にはなかなか使える砂鉄がありました。中心平野部に出雲から職人集団を主とする移住を行い拠点を張ります。

    日本海側ではミナカタヌシ一族への追及が終わったわけではありません。能登半島あたりまでは太平洋側と同じく沿岸部を勢力下に置き、富山石川までの交通が開けます。ここでも出雲出身の者たちを駐屯させることが多かったようです。夷を以って夷を制す基本的政策です。

    ・・・・・・・・・・・・

    以上古墳時代後期くらいまでの、考古学的遺物・資料、記紀神話、各地神社の資料、世界各地の民族の移動や変移などから推測している現在のおれの考えです。ご覧のように大和政権は出雲族とはまったく別の民族から始まったと考えています。大和政権の祭神を天神(あまつかみ)と呼び、それに対して出雲を含む各地の土着(正確には土着ではないものがかなりあります)の神を国紙(くにつかみ)としていることからも、出雲と大和政権は別のものだと考えます。

    三千年くらい前から日本列島にはずいぶんと数多い民族が移住してきていて、文化・文明が乱れ咲き入り混じっていきます。中国大陸に於いて戦国の時代が続き亡国の民が大量生産されたことも大きな原因です。その中で統一を図った勢力が時代に合わせて“より統一できる”(と思われる)やり方で種々資料を編纂しているので、全貌を見極めるのは困難です。

    ただ、おれが主眼としているのは生き方(世界観)がどのように変わったかということですので、縄文の世界観がその後の世界観(目に見えるもののみに価値を見出す世界観)に変わった後の細かな経緯は、じっぱひとからげに捉えています。ご承知おきください。


    神話をもとに神々(各一族)の移動を確かめるのは、文字資料以前の歴史を知る上でずいぶん役に立つと思います。関心あるテーマを念頭に神社巡りをするのも面白いですね。注意すべきは、神社の経緯は建立した勢力の思惑が上塗りされているものですから、表面的な祭神だけを見るのでなく末社や客社、そして行事の由来や内容、神社周辺にまつわる昔話なども気に止めておくと発見がありそうです。

    また新たな発見がありましたら、是非教えていただけると幸いです。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    | 大口のま | 2008/11/25 1:15 PM |

    いま、籔田紘一郎著「ヤマト王権の誕生」が密かなブームになっていますが、
    それによると大和にヤマト王権が出来た当初は鉄器をもった出雲族により興
    されたとの説になっています。
     そうすると、がぜんあの有名な山陰の青銅器時代がおわり日本海沿岸で四隅突出墳丘墓
    が作られ鉄器の製造が行われたあたりに感心が行きます。当時は、西谷と
    安来-妻木晩田の2大勢力が形成され、そのどちらかがヤマト王権となったと
    考えられるのですがどちらなんだろうと思ったりもします。
     西谷は出雲大社に近く、安来は古事記に記されたイザナミの神陵があるので神話との関係にも興味がわいてきます。
    | 大和島根 | 2008/12/03 12:01 AM |

    大和島根さんの投稿、内容が同じなので間違えて重複投稿してしまったのかなとも思いましたが、ちょっと調べてみましたら数多くのブログ・掲示板に同内容が貼られていました。宣伝等のたぐいのようですね。

    記事を読んでもらっての意見でないので残念でしたが、出雲のことや製鉄のことにからんで弓の島の古代について少しばかり考えを文章化してみる良い機会となりました。縄文の世界がどのように縄文でない世界に遷移していったのか、また機会があればもっと詳しく書いていきたいと思います。
    | 大口のま | 2008/12/08 6:25 PM |

    こんばんわ
    弓の島って、弓ヶ浜半島のことですか?島根県安来市のとなり鳥取県米子市にありますね。この半島はかつては夜見の島という島だったとか。この夜見の島って、たたら製鉄の砂が堆積して、島を陸続きにさせたとかなにかで読んだことがあります。
    | 日本海ファン | 2009/09/12 7:35 PM |

    日本海ファンさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    このブログで弓の島と表現しているのは、日本列島全体のことです。「日本」という言葉が出来るずっと前からのことを書きたいので、あえて日本列島とは書きたくなくて、北山耕平さんの真似をしてこのように書いています。ちなみに「亀の大陸」と書くときは北米大陸のことです。まぎらわしくてすみません。

    弓ヶ浜半島のこと、検索して少し見てみました。なるほど、奇遇ですね。「夜見の島」というのがもともとの名のようですが、ヨミは黄泉でしょうから出雲や熊野と同じく「根の国」関連の土地だったのでしょうね。黄泉、根の国は死者の赴くところというのが定説ですが、製鉄民がもともと持っていた世界観なのでしょうか。

    たたら製鉄のときの土砂が日野川佐陀川を流れて堆積し半島になったのだとしたら、ものすごい規模の製鉄業だったのでしょうね。映画「もののけ姫」で表現していましたが、山を喰い土を喰い川を荒らしたのでしょう・・・。
    当時の鉄は武器としての役割が重要だったようですが、現代の兵器と同じで人間の勢力闘争・疑心暗鬼のあらわれで自然のものたちが被っている害に思えてなりません。

    縄文時代、インディアンの世界では、武装にそれほどのエネルギーを使う必要はなく、生活に必要な道具を自分たちの手で作って大切にしていました。一つの木をいただくにも皆で祈って捧げものをして、一方的に“得る”ということはなく必ず“与える”という行為とともに行われてきました。
    そういう精神をもって生きていれば、自然破壊なんてありえないのでしょうね。
    | 大口のま | 2009/09/14 6:48 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2014/06/28 5:25 AM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/840808
    トラックバック