SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 春の草花 | main | “縄文(もよう)のある暮らし”、初日 >>
縄文(もよう)のある暮らし
0
    かつてひとびとの暮らしは、たくさんの模様にかこまれていました。――

    このたび、茅野縄文遺跡の展示や耳飾り作り・アンギン編み体験等をやっている「榛東村耳飾り館」で、展示をします。
    テーマは “縄文(もよう)のある暮らし”。

    このブログで記事にしている、模様のもたらすちから、縄文人を目指しての狩猟採集の生活を紹介できればと思っています。

    7月12日(土)〜27日(日)
    榛東村耳飾り館内 特別展示室にて
    住所 : 北群馬郡榛東村大字山子田1912
    電話 : 0279−54−1133

    山の生活に必要な道具、中国南部の少数民族の刺繍・民芸品、アイヌや南北アメリカインディアンその他民族の伝統的生活・文化関係の書籍(主に写真つき)、手づくり陶器、を展示します。囲炉裏や鹿解体時の写真なども展示予定。

    土日はできるだけ館にいるようにして、ナイフの柄や槍の鞘など作ったりしようと思っています。
    また、土器作り指導も予定しています(19日(土)・20日(日)の2日間。詳細は下の画像をご覧ください)。大口のま自身は土偶作りに初めてこころみるつもりです。

    まだまだ始めたばかりのやま(縄文)の暮らしなのでどれほど見ごたえがあるかわかりませんが、館内展示の縄文人たちの遺した物を見たりしながら、この弓の島のかつての姿、大自然とともに暮す生活について、話したり想ったりできたらいいなと思います。

    是非、お越しください。

    ※関連記事
    縄文の装飾 耳飾り館 (2007.04.24)
    民族衣装 (2006.10.18)
    模様 (2006.04.28)
    マキリを手にする 模様を感じる (2007.08.21)


    ↑大きい画像は、ここ縄文(もよう)のある暮らしでご覧ください。

    ※大きい画像内での「土器作りきょうしつ」のところで、「参加費300円」の記入が洩れていました。お詫びし、ご了承をお願いいたします。

    ※榛東村耳飾り館がこのほどブログ・ホームページを開設しました。
    榛東村耳飾り館 トップ
    榛東村耳飾り館 ブログ
    また、「縄文(もよう)のある暮らし」展等の写真も掲載して頂いています。
    榛東村耳飾り館 フォト

    ホームページトップは当ブログからのリンクの欄にも加えました。ぜひ、ご覧ください。
    2008.7.28 大口のま
    | 遠吠えと谺 | 11:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    楽しい展示になりそうですね。
    お待ちしています!
    | orbit | 2008/06/30 9:57 PM |

    orbitさん、早速のコメントありがとうございます。マメですね〜。

    現在まだまだ準備がととのわずに少々あせってきましたが、構想はじっくり練りながら、どこまで実践できるかわくわくしています。おかマタギと一緒に、“野楽生”自身楽しんでゆきます!

    会場でお会いするのを楽しみにしています。
    | 大口のま | 2008/06/30 10:29 PM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/909985
    トラックバック