SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< “縄文(もよう)のある暮らし”、初日 | main | 耳飾り館 秋の手づくりマーケット >>
雀蜂
0
    漢字で書くと可愛い感じがする。
    スズメバチ。
    片仮名で書くとちょっと恐いかな。つり上がった眼を思い起こして。
    色と大きさと存在感が、雀ほど、ということで付けられた名前だと思う。じっさい飛行中の彼らは静止しているときよりもさらに大きく見える。
    ここいらへんの地元言葉では「クマンバチ」という。熊のような、虫とは思えないようなうなり(羽音)と強さ、その存在感をみとめられて付けられた名だろう。熊ン蜂、あるいは隈ン蜂。“隈”は薄暗くておっかないような場所やちから、ひとの領域外へのおそれをあらわしている言葉だったとおれは考えている。東京では他種の黒い蜂を指していた(少くともおれの子供の頃はそう呼んでいた)。

    春先から夏にかけてとくに午前中、家の前の日当たりのよいところをゆっくりと飛んでいるのを見かける。縁側沿いの材の木が、巣をつくるのに適当か、あるいは巣の材料となりそうか観察しているようだ。 たまには窓をくぐって天井付近を飛行していることもある。室内に入ってくるとその羽音のつよさを際立って感じる。強い生物、という感じがして緊張するのは否めない。
    けれども、外に出てほしいときは丁寧に誘導してやればなにも問題はない。かれの飛行にあわせて、ゆっくりと手をうごかして外への出口へむかってさそいかける。外はあっちですよ、と話しかけてもいい。家の中にいてもかれにとっては得るものがないのだから。

    建て物の近くを探るように飛んでいるのは軒の下に巣をつくる雀蜂で、大雀蜂ではない。大雀蜂、この最大の蜂は土中に巣を構える。それゆえに見かけることは少く、また樹々のゆたかな自然の土地でないと生息できない。やまを歩いている時ぶーんと存在感のあるうなりとともに一直線に飛んでいくのを見ることもあるが、そんなときは用を終えて巣へ向かうところなのだろうか。家のまわりで見かけるのは圧倒的に朝が多く、草や花のある場所をゆっくりめに低空飛行している。ひと針で人を死に至らしめることもできるその強さは恐ろしいけれど、かっこいい、美しいその姿は見ていてうれしい。


    蜂もそうだけど蟻も、完全に決められた役割分担による個体差別が、機械的な整合性を感じさせて、自分が彼だったら嫌だな、とマイナスのイメージが強かった。けれども、インディアンの部族のなかには蟻や蜂の生き方は宇宙を表している、と伝えていると聞き、それまで彼らに抱いていた印象を拭い払うほどの、眼からうろこの落ちる感動を味わった覚えがある。

    「蟻や蜂は宇宙を表している」 !

    あなたなら、このことばからどんなイメージをもらいますか?

    | いきもの | 20:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    おはようございます。10年程前、家の軒下に空になった雀蜂の巣がありました。知らぬが仏ってこういうことだと思いました。

    蜂や蟻は宇宙の法則を身内に刻み、それを地球上に再現する手段を持っている技術集団だと感じます。蟻の巣の複雑性、蜂の巣状の壁はスペースシャトルに使われるほどもっとも強い構造であることなど。

    さらに、人間の組織論で言われる2:8の法則をまさに自然に実践しているのも蜂と蟻だということから、組織の原型も法則として持っているような気がします。

    記事を拝読するたびに、大切な智恵がいっぱい詰まった貴重なブログだという思いが深くなります。

    山の暮らしが子供、(ワンマンソルジャーに育っていく)小さな人の教育に使われる社会を作りたい。そんなことを考えています。実現できると思いますので、そのときはどうかよろしくお願いいたします。

    激しい天候が続いていますので、くれぐれもご自愛くださいませ。
    | xenovia | 2008/08/21 6:20 AM |

    xenoviaさん、こんにちは。コメントありがとうございました。

    軒下に蜂が巣を作る家は繁栄する、といいます。風の流れや温・湿度の具合などここち良い条件の場所を選んで営巣する蜂たちは、過去何万年と智恵を受け継いできているのだから、それだけ厳選された住環境ということなのでしょうね。
    なるほど、宇宙船の設計にはこういうところから糸口が開発されるのかも知れません。すると地下シェルターは蟻塚かな。そういえばホピの伝えるところによると、第一〜第三の世界が滅んだ時、蟻人の巣にかくまわれた人々のみが生き延びたとのことです。

    やま(自然界)の暮らしは学びの原点だ、とつくづく思います。眼をこらせばもっともっとたくさんの学びにあふれているのでしょうが、汲みとるのが追いつかない感で焦慮します。器量の小ささはいかんともしがたいので、無理せず自分に合った歩みで進めていきます。

    そして子どもたちの成長にこそ、こんな暮らしが役立てればいいなといつも思っています。時が来たらば、微力を尽くしたいと思います。。
    そもそもはインディアンの生活術を模範に子どもたちを育てようとしたアーネスト・シートンの「スカウト」団も、結局はソルジャーを製造する組織でしかなくなっているようで、遺憾に思います。技術の伝授だけでなく、わざを使い、身につけることの意味を、大地に根ざす想いとして養ってゆけることを指標に道を進もうと思っています。

    やまふところの恩恵か、我が家は日々の天気にこまることもなく、先の満月あたりからは月見草の香りを満喫しております。ジャスミンティーみたいで、おちつきますね。
    | 大口のま | 2008/08/21 5:08 PM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/951878
    トラックバック