SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
ニングル
ニングル (JUGEMレビュー »)
倉本 聡
「あんた方人間はどんどん大きくなる。大きく、偉大に、滅亡へと走っている。」・・・・・・
森と生き、地球の鼓動とともに生きるニングル。人間が自然界へ向けて暴挙を繰りだすとき、ニングルの声が聞こえてくる。
人が、ヤイカムイ(怪物)とならないために。
RECOMMEND
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族
静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (JUGEMレビュー »)
花崎 皋平
北海道の名付け親となった松浦武四郎を追って、アイヌモシリ(アイヌの大地)の歴史をたどる。先住民の側から見た歴史書。
RECOMMEND
インディアンの言葉
インディアンの言葉 (JUGEMレビュー »)
ミッシェル ピクマル, 中沢 新一, エドワード・S. カーティス
素朴でちからづよい言葉の中に、ほんとうの生きかたを導いていく精霊が込められています。エドワード・S・カーティスの撮影したネイティブの肖像とともに、何度でも紐解いて、いま自分が立っているところを確認させてくれる本です。
RECOMMEND
日本語とアイヌ語
日本語とアイヌ語 (JUGEMレビュー »)
片山 龍峯
「日本」人がアイヌと同系民族だということはことばからもわかります。伝統を忘れていない同族から学び、根っこを呼び覚まそう。
RECOMMEND
聖なる輪の教え
聖なる輪の教え (JUGEMレビュー »)
ヘェメヨースツ ストーム, Hyemeyohsts Storm, 阿部 珠理
ジャンピング・マウスのものがたりをはじめ、シャイアンの教えを、そしていまのひとびとのゆくすえを、わたしたちに伝えてくれます。
RECOMMEND
オオカミと人間
オオカミと人間 (JUGEMレビュー »)
バリー・ホルスタン・ロペス, 中村 妙子, 岩原 明子
狼を知ることは人を知ること。狼とともに生きるか、殺して生きるか、それは自然とのつきあい方の顕れです。なぜなら、狼はヒトにとって一番近い兄弟だから。
RECOMMEND
アイヌの民具
アイヌの民具 (JUGEMレビュー »)
萱野 茂
民具の紹介にとどまらず、自然に生きるアイヌの生活術と文化を教えてくれる本です。
RECOMMEND
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ
生き物として、忘れてはいけないこと―次代へ贈るメッセージ (JUGEMレビュー »)
コエンエルカ
シャイアン族のなかで育ち、狼と生きる、タシナ・ワンブリさんの呼びかけ。
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
山あいで狩猟採集生活を目指す野楽生(のらぶ)のあしあと

野楽生れば

<< 雀蜂 | main | タシュンカ・ウィトコのことば >>
耳飾り館 秋の手づくりマーケット
0
    茅野縄文遺跡を展示している榛東村耳飾り館で、10月28日県民の日に、秋の手づくりマーケットを開催します。現在参加者募集中。
    これまでの出展品はさまざまな工芸品や小物のほか、手づくりのお菓子や野菜も販売されているそうです。プロ・アマ関係なしで、個性に富んだマーケットとなりそうです。

    今回の野楽生の参加応募は手作り陶器・・・、生業そのままの出展で少々さびしい。そのうちに木工彫刻品や、やまの恵みをおすそわけするようなものたちで参加できればいいな、と思っています。

    当日は耳飾り館の無料開放日です! 内容について詳しいことは、榛東村耳飾り館 ブログ をご覧ください。

    また、orbitさんのブログの記事に、過去の同イベントの様子が写真入りで紹介されています。
    07年10月28日 秋の手づくりマーケットの紹介
    08年5月6日 春の手づくりマーケットの紹介

    現在はあくまでも参加者を応募している段階なので、野楽生が参加できるかどうかは10月21日以降に決まりますが、出店できなくても会場に行ってみようと思っています。縄文時代に興味のあるひととの楽しい出会い、そして交流のきっかけが生まれれば、と楽しみにしています。
    | ものづくり | 18:14 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    大口のまさん、お久しぶりです。
    相変わらず精力的に活動されているようで、(勝手に)安心しました。

    大口のまさんのブログにもよく登場するこの耳飾り館、なかなかステキな場所みたいですよね。
    ブログの編集をされている学芸員さんのプロフィールを見たら、國學院大學出身だということで――國學院といったら、今年退官された縄文研究の大御所・小林達雄教授がおられた所。この学芸員さんも小林教授に師事されていたのだろうか……なんて、うらやましく思ってしまいました。

    まあ、わたしの方は、今でもなかなか遠出はできない身なんですが、地元さいたまで縄文研究を続けていきます。
    お互いこれからも頑張りましょう。
    | alphecca | 2008/09/23 9:16 PM |

    alpheccaさん、こんばんは。

    じつは我が家は公私忙しかったりして、月の満ち欠け数回分の時を余裕のないまま過ごしてました。最近どうにかキリがついてきて、余裕のなさも元どうり程度にブログも書いていけるかな、と思っている次第。

    耳飾り館はすてきな場所です。
    まず耳飾りをはじめとする縄文の遺品にとても“込もる”ものがあるのですが、それを基にこの施設を作ったひとは、縄文の感受性つよいひとだったのだろうな、という印象を初訪問から受けました。おすすめです。
    お察しのとおりブログを書いている学芸員さんは小林教授に師事する方で、教授をまねいて耳飾り館で講演会をしたり(昨年3月10日。行きたかったな〜)、学芸員さんの心遣いで今年7月の展示期間中、おれも小林教授に作品を見てもらいながらお話しすることができました。

    そんな出会いの場、それぞれの軌跡を交えるスポットに、この耳飾り館はあるのかもしれません。

    縄文パワーというか、おれたちの共通の先祖(おや)のことについて話したり考えたりするのだから、いろんなジャンルのひとがいろんな視点で交流できて自然なのだろうなぁ、と思っています。alpheccaさんも、ぜひ。

    さいたまの縄文もいろいろと面白そうですね。埼玉にはおれもながく住んでいたので、氷川神社にも足を運んだことがあります。関東に非縄文文化が入ってきたのは北東からだと推考しているので、先進文明人から見て埼玉・武蔵は最後のフロンティアだったのかも知れません。サキタマニギハフクニというのも「先住民の」勢い旺盛なる処、という意味にとれなくもないような。
    だからまろうど信仰やアラハバキにはとても興味があり、ナガスネヒコ一族を受け入れてアラハバキの一族と混成した東北氏族について書いてあるという偽書(とされている)「○○○○○○」、あの本が読みたい〜っ。部数が少いため高額で、未だ不読・・・。
    alpheccaさんの記事を読んで思ったのですが、「ハハ」は古語で蛇の意味です。ヘヒ、ハヒ、とも音が変わったらしく、沖縄のハブは同根の言葉。「アラ」は「荒」でしょうから、アラハバキは蛇を象徴する荒々しい者またはひとびと、ということでしょうか。イザナキ、ウヒルキ(大日靈貴)のように「キ」は男性名の最後につくことが多いのですが。

    神社・神話は縄文時代を知る道しるべの一筋ですから、興味は尽きません。

    今後もお互い頑張りましょう。探求を深めながら、交流を楽しみにしています。そしていづれじっくりと意見交換してみたいですね。
    時が満ちるのを待っています。
    | 大口のま | 2008/09/24 12:36 AM |

    耳飾り館での出店選考が終わり、うちは無事出店できるはこびとなりました。

    3回目を迎える手作りマーケットは17店の参加者があり、内容も工芸・アクセサリー・子供服・ドライフラワー・お菓子等々、特色あふれる楽しいマーケットになりそうです。
    平日の県民の日のイベントなので来られるお客さんは限られてしまいそうですが、休日仕事のひとも多いことですし、全部が良いということはありませんので、この日はこの日で大いに楽しんで来ようと思っています。
    お時間とご興味のある方はぜひ、おいでください。

    詳しくは榛東村耳飾り館のブログで。

    「手作りマーケット出店者リスト」のアドレスは http://ameblo.jp/mimikazarikan/entry-10154644470.html です。
    | 大口のま | 2008/10/22 10:18 PM |

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://norabu-blog.okutano.net/trackback/979455
    トラックバック